カテゴリ:Books( 32 )

なぜ日本にはいい男がいないのか 21の理由

またくだらん本を借りてしまったと思いきや
科学的な根拠、調査データに基づいた内容で
なかなかおもしろかった。 


Mama's baby, Papa's maybe


出版社/著者からの内容紹介
下がり続ける婚姻率&出産率。その裏で、女性は、ふたこと目に
は「いい男がいない」と言うが、はたしてそれは真実か? 女性にとって真実で
あるとしたら、それはなぜなのか? 恋愛とは広義の意味での政治であるとする
気鋭の政治学博士が、各種データを駆使して、その理由を、1時代 2男 3女
の3つの視点から解明する本書は、現代の恋愛事情を通して、日本社会がかかえ
るさまざまな問題を映し出す貴重な資料となっていると同時に、恋愛が成立する
秘訣を科学的に示唆する異色の恋愛指南書ともなっている。
[PR]
by masa_taco | 2007-05-13 12:13 | Books

ワイン好きの食卓

母に頼まれて ワインのつまみの料理本購入。
俺も料理できればいいんだけど、、、
c0036981_2351273.jpg

[PR]
by masa_taco | 2007-04-24 23:05 | Books

宇宙エレベーター

日曜は家でゆっくりと読書とギター。
しぅ君に借りた「宇宙エレベーター」が面白くて1日で読み終えてしまった。


8カ国語を使いこなすトルコ人の宇宙飛行士候補アニリール・セルカンが書き綴るエッセイ
多次元宇宙、量子論、古代文明、宇宙エレベータ、相対性理論。けっしてトンデモ本ではなく、まじめな科学の本でとてもわかりやすい。中学生とかにもおすすめかも。 

ひさびさに良い本にであった。とくにタイムマシンとシュメール文明の章がよかった。
是非読んでみてくだされ。


最近mixiでジョアンのTABを書いてくれるひとがいるのでギター弾きまくり。
夜中まで練習してます。

あ あと今日 家のとなりでドラマのロケをやっており、ハセキョーを目撃。(・∀・)イイ!!

c0036981_23142972.jpg

[PR]
by masa_taco | 2007-03-18 23:20 | Books

9.11 テロ捏造

9.11 テロ捏造を読み終えた。


「米政府が911のテロ実行犯として発表した19人のうち7人は現在も生きている」とBBCやガーディアン紙等が報じている。

衝突した民間機に搭乗していた人たちの氏名は未だに公表されていない。

ペンシルバニアに墜落した93便からは遺体はおろか血の一滴も検出されていない。

専門家の話では飛行機の燃料の燃焼温度でビルの鉄筋が破壊することは無い。

ビルの倒壊寸前に爆発音を聞いたという多くの消防士の証言がある。

衝突や火事も無いのにツインビルと一緒に倒壊した7号棟のビデオ撮影には多数の爆破の様子が写っていた。


 謎は深まるばかり、、、、


[PR]
by masa_taco | 2006-11-29 22:53 | Books

国家の品格

国家の品格を読み終えた。 早くも200万部売れたらしい。バカの壁よりも50日ほど早いらしい。

日本人としての心、もののあはれ、武士道精神をわかりやすく書いてある。 タイトルから右寄りの本だと勘違いされそうだが ぜんぜんそんなことはなく、著者のユーモア、キャッチーな文章で読みやすい。 ウェブ進化論につづいて面白い本に出合えた。おすすめの一冊。

これもさっそくWeb本棚に入れておきます。





内容(「BOOK」データベースより)
日本は世界で唯一の「情緒と形の文明」である。国際化という名のアメリカ化に踊らされてきた日本人は、この誇るべき「国柄」を長らく忘れてきた。「論理」と「合理性」頼みの「改革」では、社会の荒廃を食い止めることはできない。いま日本に必要なのは、論理よりも情緒、英語よりも国語、民主主義よりも武士道精神であり、「国家の品格」を取り戻すことである。すべての日本人に誇りと自信を与える画期的提言。
[PR]
by masa_taco | 2006-05-11 23:01 | Books

ウェブ進化論 -本当の大変化はこれから始まる-


ウェブ進化論を読み終えた。 ここ2,3年で読んだ本の中では1,2を争う面白さ。この種の本でワクワクしながら読んだのははじめてかも。

「Google? あぁ あの検索の会社ね」 程度にしか思ってない人 是非この本を読んでみてください すごさがわかります。ロングテール、Web2.0などもわかりやすく書いてあります。 しかし憲男さん(元ノーテル社長)はほんとにいい会社の社長になったよなぁ

読み終わって思わずGoogle株を買ってしまった。遅すぎか、、
[PR]
by masa_taco | 2006-04-11 22:58 | Books

Winart ワインの基本

休肝日でいたたまれなくなり、Winartを読んで我慢(明日まで)今回は「ワインの基本」とあるだけに 初心者にもかなりわかりやすく丁寧に書いてあります。 ワインエヴァンジェリストとしてはぜひ友人に勧めたい本です。 


「ワインは難しい」と、多くのワインファンが言い、「いえ、ワインは簡単です」と、多くの専門家が解説する。そうやって同じ問答を繰り返しても、やはり「ワインは難しい」という声は続く。なぜなら皆が誤解しているからだ。ワインとは加算乗除のような方法論の集合ではなく、また歴史年表のような暗記すべき事実の総体でもない。ワインとは、私たち自身が真善美について考えるための、これ以上ないほどの美味なる契機だ。ワインの基本とは、その美味を前にして、自ら考えようとすることだ。


スノビズム、エリーティズム、権威主義の象徴としての「ワイン」は自己顕示欲を増徴する。そしてその裏返しである、価値を否定され、即物的に消費され蕩尽の象徴としての「ワイン」は、屈折した自意識を満たす。世の中に溢れる、そのような不幸な「ワイン」から、私たちは自由にならなければならない。己を高くするものは低くされ、低くするものは高められるという真理を、今一度知らねばならない。ワインは常に真実を写す。謙虚にワインに向き合えば、ワインは私たちに必ず答えを与えてくれる。
[PR]
by masa_taco | 2006-04-05 22:12 | Books

人は見た目が9割

「人は見た目が9割」を読み終えた。前回 古淵さんの研修で話題になったので買ってみたが 意外と中身は薄い。 非言語コミュニケーションについて書かれており、 喋りはうまいのに信用できない人と、無口でも説得力にあふれた人の差はどこにあるのか。女性の嘘を見破りにくい理由とは何か。などなど 

アメリカの心理学者の実験結果によると言葉よりも それ以外の要素のほうが情報を伝えているらしい。

顔の表情 55%
声の質、大きさ、テンポ 38%
話す言葉の内容 7%
[PR]
by masa_taco | 2006-03-09 22:28 | Books

病気にならない生き方

病気にならない生き方 という本を読んだ。

著者は世界で始めて大腸内視鏡を考案した人。内容は納得させられることもあれば ちょっと疑わしいとこもあり、 でもまぁ ちょっとは健康に気を使おうと よく噛んで食べてみたり、脂身を控えてみたり、、  でもワインは控えません。

メモ


人はエンザイム(酵素)の働きなくして1秒たりとも生きてはいけない。

薬はすべて基本的に毒である。

マーガリンほど体に悪い油はない。

人間より体温の高い動物の肉は血をよごす。

欧米並みのデブが日本にいないのは日本人は胃腸が弱いのであそこまで太れない。

植物性85% 動物性15%が理想。これは人間の歯の種類から(犬歯と臼歯の割合)

などなど

毎日コーヒー浣腸をするなど ちょっと行き過ぎた感が否めない。
[PR]
by masa_taco | 2006-02-22 23:02 | Books

プロ論

ちょっと古いが杉山に借りた「プロ論」を読み終えた。
その中で印象に残った言葉をいくつか

企業内の混乱は、リーダーシップの問題である。 byカルロス ゴーン
どこぞの雇われ社長も見習ってほしい

転職しないことは、能力がないとみなされる時代がやってくる。 by成毛 眞 元マイクロソフト社長
大歓迎。

今が面白くない人からは、運もお金も逃げていく。 by 藤巻 幸夫 元福助社長
友達も逃げてくと思います。


報われる努力もあるけど、報われない努力もある by 金子 勝 慶応教授




プロ論2もでているようなので借りるとします。

この本は本棚に入れておきます

[PR]
by masa_taco | 2006-02-13 23:41 | Books