カテゴリ:Books( 32 )

精神安定剤としてのニュートン

c0036981_22235712.jpg


時空とか宇宙のことを考えてると、仕事とか人生のちっぽけな悩みなんて馬鹿らしくてどーでもよく思えますな 

(まぁ もともとそんなに悩みなんてないですが、、、)


精神安定剤としておすすめ
[PR]
by masa_taco | 2010-06-02 22:23 | Books

魚には水、私にはワイン

マイクロソフトの元社長の成毛さんの薦めで
中川ワイン販売の社長の本
「魚には水、私にはワイン」を買ってみた。

基本的には文章もつまらないし、金持ちの道楽本ですが、
でてくるワインのすごいことすごいこと

この人のワイン会のコンセプトは
「和飲之楽」
和して飲めばこれ楽し

機会があればぜひお近づきになりたいなぁ
とりあえずハーランに近いとされているゴーストブロックが飲んでみたいです

この本をY会長に進呈するので
よろしくお願いします。



魚には水、私にはワイン―Pisces Natare Oportet.
[PR]
by masa_taco | 2009-04-01 22:52 | Books

天切り松 闇がたり

親父にこれ読んでみろと薦められて
浅田次郎の「天切り松 闇がたり」を読んでみた。

江戸弁のリズムが心地よい。
古き良き日本の人情。
江戸前のダンディズム。

ここ2.3年で読んだ本で一番面白かった。全4巻一気読みしてしまった。



買って配りたいくらい良い本です。

特に東京在住の人
ぜひ読んでみて

あぁ
粋だねぇ って言われるようになりたい。

闇の花道―天切り松 闇がたり〈第1巻〉 (集英社文庫)


出版社/著者からの内容紹介
冬の留置場で、その老人は不思議な声色で遙かな昔を語り始めた……。時は大正ロマンの時代。帝都に名を馳せた義賊がいた。粋でいなせな怪盗たちの大活躍を描く傑作連作第一弾。 (解説・降旗康男)


内容(「BOOK」データベースより)
夜更けの留置場に現れた、その不思議な老人は六尺四方にしか聞こえないという夜盗の声音「闇がたり」で、遙かな昔を物語り始めた―。時は大正ロマン華やかなりし頃、帝都に名を馳せた義賊「目細の安吉」一家。盗られて困らぬ天下のお宝だけを狙い、貧しい人々には救いの手をさしのべる。義理と人情に命を賭けた、粋でいなせな怪盗たちの胸のすく大活躍を描く傑作悪漢小説シリーズ第一弾。
[PR]
by masa_taco | 2009-03-06 00:08 | Books

ナイン

先日 すぎやまと飲みながら古い映画や漫画の話で盛り上がった。

あだち充のナインが5巻完結で面白いとのことなので
さっそくブックオフにて5冊525円にて購入。


c0036981_14185941.jpg


いまから30年前ぐらいの漫画。 
登場人物や内容はタッチやH2とほとんど変わらないんだけれども
こういうすれ違い恋愛系のお話は見ていてイライラしますな。
(その最たるものがめぞん一刻なんだけれども)

とはいえサクッと読めて面白かった。

古くても良いのでお勧めの漫画(現時点で完結してるもの)あったら教えてください。
[PR]
by masa_taco | 2009-01-25 14:41 | Books

虚数

c0036981_2328588.jpg


ニュートンが興味深い内容だったので買ってみた。

虚数。 複素平面とかなつかしい内容がでてきてなんとなく思い出せた。
宇宙の始まりには虚数時間が流れていたらしいが、なかなか理解できない

大学のときは計算とかでは普通に使っていたんものの、
いまだに自然対数とかってなんだかよくわからん。

次回の特集は自然対数でお願いします。


オイラーの公式ってやっぱり
とても美しくてすばらしい。
[PR]
by masa_taco | 2008-10-29 23:28 | Books

臨死体験

初版から10年近く経ってしまったけれど
遅ればせながら立花隆の「臨死体験」を読んだ。

体外離脱や、トンネル体験などさまざまな体験談をオカルト的でなく科学的に
分析。

単なる脳内現象なのかそれとも死後の世界があるのか
科学的な説明もできるけど科学では説明しきれない部分も多い。
著者は結局は脳内現象ではないかとの結論だったが、そうは思えない。

身近なところではじゃむぼ君も死にかけたときに体外離脱したらしいし

この本を読むまでは死んだら無になっておしまい。っと思っていたけれど
なにかがあるに違いないと確信した。
しかもそれは余剰次元となにか関係があるに違いないと思う今日このごろ。



最近読んだ本のなかではベスト3に入るおもしろさ(上巻だけね、下巻は少々飽きる)
[PR]
by masa_taco | 2008-05-20 23:25 | Books

現代アートビジネス



アートの価値、値段はどうやって決まる?
村上隆,奈良美智の作品ってどこがすごいの?
など素人には謎な部分が日本を代表するギャラリスト小山登美夫氏によりわかりやすく書いてある。

新人アーティスト(笑)のすぎやMAXは貸してあげるからぜひ読みなさい。

c0036981_2352028.jpg


---------------------------------------------


担当編集者より

「現代アートの世界はよく分からない」という方も多いのではないでしょうか? とくに、その「価値」がどこにあるのか、それがどのように値段に反映されて「商品」になっていくのかは、とても見えにくいものです。
本書では、数々の若手アーティストを発掘し、日本発の新しいマーケットを築いてきた著者が、豊富な経験をもとにそれらをわかりやすく説いています。
アーティストになりたい人、ギャラリストなどアート関係の仕事に就きたい人、アートで儲けたいと思う人、アートを見るのが好きな人、みなが良い意味で刺激を受けるはずです。
[PR]
by masa_taco | 2008-04-17 23:52 | Books

北京ガイドとロングテール

ひょんなことから北京に行くことになったので
情報収集していたら去年のブルータスで北京特集があった。
バックナンバーが置いてある書店にいっても全部売り切れ。
日にちもあまりないのでAmazonで検索して購入。翌日に到着。
まさにロングテールビジネス。

北京では現代ARTを中心にみてまわります。
スタルクがデザインした内装費3億円のバブリーなレストランがあるので行ってきたいと思います。

c0036981_0174315.jpg

[PR]
by masa_taco | 2008-02-28 18:17 | Books

第5の次元  Newton

c0036981_23551333.jpg


Newtonが次元特集だったので即購入。

かつて人類は「地球が宇宙の中心である」と思い込んでいた。だが、コペルニクスの地動説がこれを覆した。 また、「空間と時間は絶対である」という思い込みも、アインシュタインの相対性理論によって覆された。 次元についても、同じ歴史が繰り返されるかもしれない。 アリストテレスの時代から現代に至るまで、人類は「空間の次元は3つしかない」と決め付けてきた。私達は今後数年のうちに、次元の常識がくつがえされるという、科学史上きわめて重大な事件に立ち会うことができるかもしれない。


とりあえず 来年ジュネーブの世界最大の円形加速器LHCで行われる実験結果が楽しみだ。
[PR]
by masa_taco | 2007-11-26 23:55 | Books

リサ・ランドール 異次元は存在する (NHK未来への提言)

題名を読んでトンデモ本とおもいきや、

いまやノーベル賞にもっとも近いリサ・ランドール博士の宇宙物理学をわかりやすく説明した本。

来年のフランスの加速器の実験で5次元の存在が確認されれば アインシュタイン以来の世紀の大発見!

今いる世界が縦、横、高さの3次元空間に時間軸を加えたのが4次元だが、5次元は普段経験している3次元の生活とはまったく異なった、もうひとつの別世界であるという。

むずかしい概念だけど筆者の例えが秀逸。 最先端の理論に知的興奮しまくり。

あの世と5次元って関係がある気がします。

書籍紹介


宇宙は、私たちが実感できる3次元+時間という構成ではないらしい。そこには、もうひとつの見えない次元があるというのだ。もし、もうひとつの次元が存在するのなら、なぜ私たちには見えないのか?それは、私たちの世界にどう影響しているのか?どうしたらその存在を証明できるのか?現代物理学の歩みから最新理論まで、数式を一切使わずわかりやすく解説しながら、見えない5番めの次元の驚異的な世界に私たちを導いていく。英米の大学でテキストとして使われている話題の著書


c0036981_22412475.jpg

[PR]
by masa_taco | 2007-10-15 22:44 | Books