電子コライダーが解く宇宙創成のパズル

KEKのイベント
素粒子物理学公開シンポジウム
「電子コライダーが解く宇宙創成のパズル」
に行ってみた。

わかりやすい内容でおもしろかったが、
村山氏以外のプレゼン能力の低さが目立って残念。

今後も科学系のシンポジウムは要チェックです。


宇宙のことを考えると人生のちっぽけな悩みなんてどうでも良くなるので
精神衛生面でもおすすめですよ


メモ 
宇宙は137億年
目に見える物質は宇宙全体の4%だけ、残りの96%はダークマター
LHCの実験でブラックホールが発生する可能性はあるが、地球崩壊につながることはありえない。 


c0036981_13152176.jpg


【第1部】 講演 13:00~14:35
村山  斉「素粒子物理が挑む宇宙の謎」
観山 正見「天文観測が解く宇宙の描像」
鈴木 厚人「電子コライダーの拓く世界」


【第2部】 パネルディスカッション 15:00~17:00
 パネリスト(50音順)
機本 伸司 : SF作家 (「神様のパズル」著者)

鈴木 厚人 : 高エネルギー加速器研究機構 機構長

中島 林彦 : 日経サイエンス編集長

観山 正見: 国立天文台 台長

村山  斉 :東京大学数物連携宇宙研究機構 機構長
[PR]
by masa_taco | 2008-07-19 15:50 | 雑感


<< 崖の上のポニョ スピードーレーサー >>