僕の彼女はサイボーグ

5月のチケットが余っていたので
今日から封切りの「僕の彼女はサイボーグ」をみた。

猟奇的な彼女の韓国の監督が 脚本、監督で日本で撮影をしたらしく、
おもいっきり違和感ありまくりな演出と台詞。
なぜ彼は日本人のキャストで日本で撮る必要があったのだろうか
日本で撮るならせめて脚本ぐらいは日本人に任せればよかったのに
っていうか韓国で韓国俳優で撮ればよかったのに


貧乏な身寄りの無い主人公がなんであんないい家に住めるの?
彼女はサイボーグじゃなくてアンドロイドでしょ
過去のシーンの時代考証がまちがいすぎ。どみても80年代じゃくて30年代だろ

などなど突っ込みどころ満載

ラストも無理やりすぎるハッピーエンド。
タイムパラドックスも矛盾だらけ
全体として出来の悪い韓ドラを見ている感じの非常に残念な作品

はっきりいって綾瀬はるかのファン以外は見る価値ないとおもいます。

1.6点
[PR]
by masa_taco | 2008-05-31 13:03 | Movie


<< 銀座交流会 ワイン居酒屋があどした >>