中国を思う

えー 順調な旅のように見えますが 毎度のことながら毎日喧嘩をし、しかも最終日に財布を落とし(掏られた?)後味のわるい結果になりました。 普段は旅行用の財布に入れ替えたりするのですが 今回は朝早く準備の時間がなかったことも原因の一つ。 クレジットカード、キャッシュカード、社員証、免許証 もろもろすべてパァ。 まぁ厄落としというかODAというか これであの物乞いしていた少年たちが暖かく冬を越せればいいかなと超ポジティブに受け止めようとおもってみるも、、、 まぁ反省です。

中国にきて気づいたこと。

どこへいっても工事中。

ハーゲンダッツが人気。

ユニクロは日本の1.5倍の価格。

スクーターがほとんどモーター式。

Starbacks every corner.

一般市民の民度が低いというか道徳意識がない。 

順番とかボランティアとかいう概念がない。

どこでも痰をはく。

車にのっている時間の2割はクラクションを鳴らしている。


ひとつの国にしてはでかすぎる。

この国が発展しては資源的、環境的にも地球規模でよろしくない。

ブッシュ帝国がバイオ兵器SARSで攻撃を試みたこともうなづける。


以上
[PR]
by masa_taco | 2006-12-13 19:59 | Trip


<< House Aoyama 最終日 >>