イヌバウアー

犬 Bow Wow!
こまったときのラッテ頼み
イナバウアー (2006年3月17日)
--------------------------------------------------------------------------------
2006年2月にイタリアのトリノで開かれた冬季オリンピックで金メダルを獲得した、フィギュアスケート選手・荒川静香の得意技。1950年代後期に活躍した旧西ドイツのフィギュアスケート選手イナ・バウアーが開発した。特徴は足を前後にずらして両足のつま先を180度に開き、後ろ側の足は伸ばし、前側の足は膝を曲げたポジションで滑走すること。荒川はこのイナバウアーに上半身を反らす「レイバック」を加えているので、正確には「レイバック・イナバウアー」とよぶべきだが、下半身の形がイナバウアーなので、こうよばれている。そのために上半身を大きく後ろに反らす演技が「イナバウアー」と誤解されているようだ。フィギュアスケートの現行の採点方法では、イナバウアーに対する技術点はないが、荒川は演技と演技のつなぎにこの技を加えることで精神的な落ち着きを得たと述べている。
[PR]
by masa_taco | 2006-03-13 23:06 | etc


<< レストラン キノシタ 消化不良気味の休日。 >>