生牡蛎とワイン会

待望の生牡蛎とワインの会。西君 殻空けご苦労様でした。 神の雫で牡蠣と最高のマリアージュとされていた ルイジャドのシャブリを買っていった。 今日も昼過ぎから7時間ぐらい飲み続けた。
よもっちのパスタを食べ忘れて帰ってしまったです。
c0036981_11542830.jpg

c0036981_11391072.jpg
c0036981_11392349.jpg
今日はワインちょっと少なめ

本日のワイン シャブリ 2002 ルイ ジャド

メモ「神の雫」で牡蠣と見事にマッチすると言わしめた白ワイン「ルイ・ジャド」村名シャブリ
主人公が、このワインと牡蠣を食して「この2つの“マリアージュ”には俺は懐かしさを感じる---。そう、ちょうど故郷に帰って幼なじみと結婚するような、そんな感じだ」と言った1本。
牡蠣の生臭さを消して、なおかつ牡蠣の持つミルキーなコクや潮の香りをより豊かにし、そしてワインもまた牡蠣のミネラルを受け取って奥行きとふくよかさを増していきます。グレープフルーツ等の新鮮な柑橘系の果実や、白い花々を思わせる香りを入り混ぜたような様々な香り
[PR]
by masa_taco | 2005-12-10 23:38 | Wine


<< ギター→ゴルフ→テニス→バーミヤン ビックカメラ 100人に一人タ... >>