明八地元3バカ飲み!!!

ひさびさに地元の3バカ飲み。やはり古い仲間ほどバカになれますな。一軒目は新宿の金臓銀臓でもつ鍋。もろに蟻月のパクリ系ですがバブル期に流行ったもつ鍋ブームの再来と思えば良いか、、、まぁ味もそれほど変わらないし
ゆきおが飲み足りないというので2軒目は房’sでワインをメインに飲んだ。フロッグスリープのCSを頼んだが売り切れ。  なのでHermitage“ミュール・ド・ラルナージュ1997”
を頼んだがこれが大当たり!輸入元希望小売価格 6,000円 のところ 7800円で提供とは立派。荻窪ドミナス並みのコストパフォーマンス。

きっくんに九州土産で博多明太子をもらいました。これをおかずに3日間しのごうとおもいます。
c0036981_0481949.jpg
c0036981_0483686.jpg
c0036981_0484885.jpg
本日のワイン Mure de Larnage 1997 M.Chapoutier
生産者:シャプティエ
産地:ローヌ地方
品種:シラー種

複雑な香りと深みが特徴。凝縮した果実味がボディをまろやかにし、若くても楽しめる
小さめな赤い果実や、クロイチゴ、スミレの花を思わせる香りがします。まろやかでエレガントです。タンニンは柔らかく、カシスやフランボワーズの風味が余韻に残ります。

平均樹齢20年とエルミタージュでは若い樹齢のブドウの木から、
この「ミュール・ド・ラルナージュ」がつくられます。

複数の小区画からなる畑は、花崗岩質または氷河期の沖積土壌です。
ブドウは完熟時に手摘みにて収穫されます。
収穫されたブドウは100%除梗され、開放式樫樽で醸造されます。
ピジャージュを毎日2回行うことによってフェノールなどの
ブドウのエキス分が良く抽出されます。
澱引きを数回行うので、清澄作業はゆっくりと自然に行われます。

色は濃いガーネット色をしており、小さめな赤い果実、
クロイチゴ、スミレの花を思わせる様な香りがし、
味わいはまろやかでエレガント。
タンニンは柔らかく、カシスやフンラボワーズの風味が余韻に残ります。
[PR]
by masa_taco | 2005-11-30 23:58 | Wine


<< 甚衛門 「合コン幹事MAXの法則」の応用 >>