ジンファンデルを見直す。

先日ドミナスで飲んだターリーのジンファンデルが強烈で以前まで敬遠がちだったジンファンデルをもっと飲んでみようと思い。ラビットリッジのジンファンデルを利いた。まぁまぁ でもターリーのパワフルさには程遠い。ターリーはアルコール度数16.4度!ワインではありえない数値だ。

今月はドミナスでこのモンスターワインのターリージンファンデルオールドヴァイン(パーカー93~96点)がなんとグラスで飲めます。みなさんぜひ飲んでみてください。




メモ

ジンファンデル 2002 バレル・キュヴェ ラビット・リッジ

カリフォルニア・ジンファンデルの代名詞のようなワイン。タイムやローズマリーのようなハーブ香 と完熟したほのかな甘みが特徴


色 調 エッジは紫、黒に近い濃い色調
香 り 熟したブドウ、ユーカリの香り
味わい アルコール感を強く感じながらも
    ブドウの甘み、旨みが飲み易さを誘う
温 度 5℃
合う料理 仔羊のハンバーグ
産 地 カリフォルニア・ソノマ
品 種 ジンファンデル

青いうさぎマークのラベルが可愛い。
ソノマのヒルズパークに1985年創業。
オーナー兼ワインメーカー エリック・ラッセル
ワイナリー名のラビットはエリックの学生時代からのあだ名から来ている。1996年よりパソロブレスの畑の購入を始めその後ワイナリーも建設、現在はヒルズパークとパソロブレスの2カ所で運営している。



[PR]
by masa_taco | 2005-08-08 21:48 | グルメ


<< 理想と現実 ぐだぐだ テニス。 >>