うな丼と相対性理論

c0036981_22271813.jpg
c0036981_22272118.jpg
c0036981_22272355.jpg
いつも並んでるうなぎ屋 登亭 があったので気になって入ってみた。うな丼と肝吸いとおしんこのセット。 さすがにそこらの冷凍鰻の蒲焼よりはよかったけど いたって普通の味。べつに並ぶ価値はないかも。   帰りに本屋でニュートンを買った。 相対性理論が発表されてから100年がたつらしい。 すごくわかりやすく書いてあるので以前よりも理解が深まった。 アインシュタインは16歳のときに「もし自分が光の速さで飛んだら、顔は鏡に映るのだろうか?」と思ったらしい。 俺も昔そう思いついたことがある。すげーかも俺。
顔が鏡に映るには、顔から出た光が鏡に達し、反射して自分の目に戻ってくる必要がある。しかし自分と光と同じ速さで動いていたらどうなるのか? 光は先には進めず、鏡に届かないのか?  

答えはニュートン買って読んでくださいな
 
[PR]
by masa_taco | 2005-05-26 22:27 | グルメ


<< 巣鴨 古奈屋 カレーうどん ふっと去る 準備 >>